「可愛らしい印象派」という文献を読みました。

印象派の画家といえば、ボクはルノワールをたちまち思い起こします。「ジュリー・物真似の肖像、或いは猫を抱きつくお子さん」という力作が好きです。書房をめぐって、「可愛らしい印象派」という読物を見つけました。読物のタイトルの通り、TOPも可愛くて、頁を開くと可愛らしくて胸がときめくようなチャートがたくさん載っていたので、借り上げることにしました。ボクは犬が大好きなので、犬が登場するチャートも紹介されていて、快くなりました。またミュージアムで見てびっくり、フォルトゥーニの「国内ジャンル客間における画家の子どもたち」が紹介されていました。読物を通じて、色々な力作に出会うことができました。こういう読物の中で一番に気になったのは、メアリー・カサットの「浜で遊ぶ子どもたち」という力作だ。むくむくして、ぷくぷくした幼児の軟らか性質が描かれていて、素敵だなぁと思いました。メアリー・カサットはほとんど知らなかったのですが、次ミュージアムをめぐって、メアリー・カサットの力作をみてきたいとしている。様々な明るい力作に出会うことができた読物でした。