現在の年俸15818円今回16000円の日程

現在、インターネットでのお生業の応酬が出来るインターネットで得ることができて掛かる年俸の料金は15818円だ。コンセプトについては、リバティー書き込み400報道詰め込み1書き込みにつき32円のケースに今は取り組んでいます。こういう書き込みを10書き込み書くことができれば、320円の年俸となります。15818円に320円をプラスすると、16138円にすることができます。ということで本日もし、インターネットブログダイアリーの書き込みを10書き込み書くことができれば、料金で16000円以上の年俸を考える項目の見込める企画につながる。
 書けば、書くだけ年俸が押し寄せる構造は最高です。ただ、トップウイークポイントなのはこういう超低総計です。ただ、今別の皆さんとの駆け引きで、コンセプトは同じくリバティーで1書き込みにつき1000報道詰めて310円にしてもらうことができないかと駆け引きまん中だ。仮に、こういう駆け引きがうまく行けば、大幅に年俸をアップさせることが可能となります。こういう駆け引きにとてつもなく予想をしています。

「仮に万が一」という不測の事態に備えておく

 N・Hは必ずや嬉しい両者だとハート呟きながら口を開いた。
「でも、あの両者はそれでもとっても頑張ってる者です。過去にはN氏の行き過ぎたスパルタ仕込に我慢できなくなって、途中で怒って帰ってしまった門下生もいたんです。本日一日、あそこまでの労役をやり遂げただけでもみんな我慢強いと想うよ」
 血気盛んな両者が、何かのテンポに麻痺を切らしておかしな刃向かい方をしなければ良いのだが。別にこちらとM・TはN・Tが理性を失ったときのこぶしに負えなさは充分に窺い知っていたので、もっとそれが気掛かりだった。
「指導するのって個人個人で匙加減が耐え難いんだよね。その辺を分かってないN氏も小さいんだけどさ。A・I氏もM・Tさんも、万が一あの両者が切れたら、控えに加わるの手伝ってね」
洒落交じりに言ってはいるものの、何よりN・HはN・TやS・Kのようないっぱい気の少ない性格との接し方について今や心得ていた。
「およそ、ヤツ陣に限って、それは安全でしょ。およそ、仮にそんなふうになった場合はA・Iとボクが使命持って取り止めるんで」
 そんなには言うものの、実際どうなるかはまた別の会話のように思えた。