継母のなにげないメールアドレスで腹部が単にできごと

先日の私のイライラした話です。継母から急にメールアドレスがきたのですがその話が「家計簿もらったのだけれど使うかな」という文字でした。基本的に自分は家計簿をつけていませんし付けるきもなかったので「使わないからいらないです」と応答したのです。しかしそれに対して返ってきたメールアドレスが「お姉ちゃん(ダディの姉)にも聞いたけど、私もお姉ちゃんも仕事してて忙しくて。使って」との応答だったのです。文字を読んだ瞬間胃腸がたちました。それって、自分は余暇だって済むたいのかと。というか、継母より義姉より自分がトップ働いていますけど。と思ったのです。胃腸が経ちすぎて私の女性に話してしまいました。すると女性は本当に冷静に「面倒から、もらって使わなきゃいいじゃん」というのです。奥さんはなんて冷めた処理だろうと思いました。まさにそうなんですけど、やっぱり腑に落ちないでき別でした。私だってせわしないですと呼べるように生まれ変われるくらい著しい奥さんに次なってやると思った瞬間だ。