水素や二酸化炭素などに関しまして訓練しました

水素などにおいて研究しました。色つやは無色だ。においは無臭です。各ガスの水溶液にリトマス用紙をひたしたときは変化しません。本質は爆発的に燃焼して水になります。何より軽々しいだ(密度が乏しい)。1立方センチメートルの水に蕩ける嵩は、0.018(溶けづらい)だ。密度は、0.0899だ。捕集法は水上移動法・上位移動法だ。出現法は、亜鉛にうすい塩酸を注ぎます。水を電気分解決める(−極)。それと、酸を電気分解決める(−極)だ。次は、二酸化炭素においてだ。色つやは無色だ。においは無臭です。各ガスの水溶液にリトマス用紙をひたしたときの変化は青色から赤色(酸性)になります。本質は、石灰水を白くにごらせます。水溶液は炭酸だ。1立方センチメートルの水に融ける嵩は、0.88(少々融ける)だ。密度は1.977だ。捕集法は水上移動法・下方移動法だ。出現法は石灰石に塩酸を注ぎます。炭酸水素ナトリウムを熱して分解決める。有機物を燃焼させます。どうしても勉強になりました。

部屋を片付けることは、我々と向き合う業務らしき

断捨離、ミニマリスト、始末のテキストを読んでいると、座敷の散らかりは心の散らかりらしき。
だからわたしは、自分がなにものかわからないでいたのか。
そりゃあ、弱る。
当人と立ち向かう業務。わたしは誰か。わたしの理想はなんなのか。
わたしは、親切で定番があって知恵があって心の優しいお客に望む。
温かい人間を保ちたい。刺々しいことは済むたくない。
容易い自分でいたい。人の痛みが知るような。
でもそれは、かなりむずかしい道程です。
座敷を済ませるため、自分が如何なるお客に望むかを捜しあてる道程らしい。
わたしは、外側よりも本心を磨きたい。
わたしは親切で定番があって知恵が会って心の温かいお客に望む
それでおビリオネアにも望む
現金はすでにあるが、高飛車な自分にはなりたくない。
強欲な自分にもなりたくない。極端なお客にもなりたくない。
バランスの取れた、ちゃんとした自分に望む。
まっとうな自分になるのが生涯の標的です。
座敷を片付けることは、こうした理想の当人と向き合う業務らしき。