バブルの経験は、自分の財産となっています

バブル時代が思い出されますが、思い起こすに、バブルは、大体、3年ぐらいが一番バブルで、その周りがあたて、だいたい10年ぐらいは、景気がよかったのだと思います。お知り合いの方が、1億円の家を買った途端にバブルがはじけてしまって、というお話をなさっていました。袖も、その頃はまだ、景気も良かったのです。その後、10年後ぐらいまでが、一番厳しい生活だったのではないでしょうか。ついこの間です。
その貴重なバブル時代に東京にいられたことは、自分の財産になっています。だって、ありえない世界が見られたのですから。しかも、消えてしまったのです。幻です。その記憶があるので、なんだか知っているような気になっているのでしょうね。あれから、東京にずっと住んでいる方はどんなふうに感じているのでしょうか。聞きたいです。ひきづっているのでしょうか。それとも、ありえない世界と認めているのでしょうか。ありえない世界なのでしょうね。

メスシリンダーなどの実験の器具を勉強した

メスシリンダーなどについて授業しました。フラットな台の上に立て、目線のエリアと液状況のエリアをおんなじ高さにして、液状況のへこんです下の状況の店を読みます。下限目線もりの10分の1まで目分量で読み取ります。そして、気温全などについて授業しました。液柱のトレンドが止まってから、気温全に直角に視線を置き、下限目線もりの10分の1まで目分量で読み取ります。次は、薬品についてだ。固体の薬品を取り生み出すときは、びんを傾け、薬さじで少しずつとります。取り出した薬品は成分のびんにもどしてはいけません。薬さじをことごとく取り出します。そして、試薬を漱ぐときは札を上にしてそそぎ、直ちに栓をする。薬品を蕩かすときは、ガラス棒を使って取り混ぜます。次は、こまごめピペットの用法についてだ。親指と人差し指でゴムを圧すようにして使います。使用後は試験管に入れ、試験管立てに立てておきます。久しぶりに勉強した店もあったので、懐かしかっただ。コンパクトウォーターサーバー